かまぼこが喋る!?深海の魚の不思議を探ろう!オンライン「ポケットかまぼこ博物館」ウェブサイトオープン!

かまぼこが喋る!?深海の魚の不思議を探ろう!オンライン「ポケットかまぼこ博物館」ウェブサイトオープン!

株式会社 鈴廣蒲鉾本店が「令和のお魚王子」こと、岸壁幼魚採集家の鈴木香里武氏とともに「ポケットかまぼこ博物館」をオープンしました!
かまぼこづくりに欠かせない「魚」のユニークで驚きの生態と、かまぼこの深い知識をつめ込んだ、ご自宅で楽しく学べるウェブサイトです。

名称: ポケットかまぼこ博物館
公開開始日:2020 年 8月 7 日公開 (コンテンツは順次追加)
サイト URL:http://www.kamaboko.com/pocketmuseum

  • 特徴1:小田原の鈴廣「かまぼこ博物館」のエッセンスを詰め込んだ動画とコラム

水族館でも展示されることのないかまぼこに使われる魚たち。
透明で中身の血流が透けて見えてしまうエソの幼魚や、浮袋が金色に輝くオキギスなど。水族館には展示されていない珍魚が泳いでいる様子を、鈴木香里武さんの解説とともに動画配信。
オンラインだからこそ、近くでじっくり観察できます。

  • 特徴2:かまぼこTV:かまぼこがしゃべる!?動画コンテンツ

メディアに多数出演する岸壁幼魚採集家の鈴木香里武氏が監修、魚を知り尽くした”かまぼこカリブ”役として出演し、見たこともない魚とかまぼこの不思議な世界を案内する映像コンテンツ。

  • 特徴3:かまぼコラム:かまぼこ職人や研究者と魚についての探究を深めるコラム

かまぼこ一本に7匹の魚を使うかまぼこ。魚の生態や扱いによってかまぼこの弾力や味わいが変化するため、かまぼこ職人は日々魚の生態や性質を理解し、美味しいかまぼこづくりに生かしています。
かまぼこ職人と、鈴廣の魚肉たんぱく研究所の研究者、そして鈴木香里武氏の対話形式で、気軽に読めるけれど奥深い、魚とかまぼこの関係を科学・生物学的な様々な視点で紹介するコラムを「かまぼコラム」として集めました。
魚という魅力溢れる生き物から命をいただいてできたものだということを感じ取っていただけます。

  • 背景や想い

小田原のかまぼこづくりは海、山、川、すべてがそろってはじめて成り立ちます。兼ねてより鈴廣では、海を整え山の環境づくりなどの取り組みを行って参りました。
この度、岸壁幼魚採集家 ・鈴木香里武氏と一緒に、かまぼこに使われる”魚”に着目し、その魚の魅力や面白さを多角的に伝え学んでいただくことで、海の環境保全などの行動にもつながっていくのではないかと期待しています。

本企画は当初、鈴廣のかまぼこ博物館(神奈川県小田原市)で実施する夏の展示企画でした。コロナ禍でも手軽に学んでいただけるよう、オンライン博物館という形態を取り、お家にいるからこそ、普段食べている海の生きものをじっくりと知り、探求心を刺激する内容にしました。

ポケットかまぼこ博物館
http://www.kamaboko.com/pocketmuseum

かまぼこ博物館で実施予定の企画がおうちでオンラインで観れるなんて嬉しいね!
小田原名物の鈴廣のかまぼこ、とっても美味しいよ♪

みどりちゃん
みどりちゃん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ガイドのみどりちゃん

最近の投稿

ページ上部へ戻る