夏休み、お盆休みも、 #花で帰省しよう-離れた家族をつなぐ花業界のソーシャルアクション

夏休み、お盆休みも、 #花で帰省しよう-離れた家族をつなぐ花業界のソーシャルアクション

「with Flowers Project」は、発足時より依然として続く新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえて、8月の夏休みやお盆休みに、帰省できないいかわりに花を贈ることで日頃の感謝を伝える新提案「#花で帰省しよう」を、5月のG.W・大型連休に引き続き展開します。

「#花で帰省しよう」特設サイトにて全国61店舗に及ぶ花屋と連携し、オンライン完結で気軽に花を贈る習慣を浸透させていくとのことです。

新型コロナウイルスの影響により一層深刻化する「フラワーロス」の解決を目指して立ち上がった「with Flowers Project」では2020年4月、大型連休中の「オンライン帰省」を受けて、帰省できない代わりに花を贈ることで日頃の感謝を伝える「#花で帰省しよう」を展開。オンライン完結で花を注文・郵送できる特設サイト( https://with.flowers )を通じて、人と花屋との新たな接点を生み、花屋URLへ延べ12万人以上の送客を獲得しました。

出典:①「母の日.me」全国インターネットリサーチ(n=500)、②BOTANIC Inc,出典:①「母の日.me」全国インターネットリサーチ(n=500)、②BOTANIC Inc,
こうした花屋のオンラインシフトを支援すべく、「デジタル支援」に注力するアドビとタッグを組み、無料のオンラインセミナーを通じて、花の映える写真の撮り方や加工方法、SNSでの運用法をレクチャーしております。

フラワーロスを新発想で、生活に彩りを。

新型コロナウイルス流行による「外出規制」は、花屋や花農家をはじめとした花業界にも大きな影響をもたらしています。花の買い手がつかず、花の出荷量は日々減少。切り花1本当たりの相場価格は平年平均と比べて大幅に低迷しているのが実情です。そうした価格破綻によって、売れ残った花が日々大量に廃棄されてしまう「フラワーロス」が問題視されています。

こうした苦しい状況下にある花業界を守り、コロナ収束後も健全なマーケット成長を目指すべく、同じ想いを持ったクリエイターが集い、「with Flowers Project 」が発足しました。

この活動が目指すのは、新型コロナウィルスによるフラワーロス問題を解決すること。そして、同時に花とともに暮らす生活を提案すること。「#花で帰省しよう」「デジタルレスキュー」をはじめ、今後も様々なアクションを通じて、花の問題解決と暮らしの提案を行っていくとのことです。

#花で帰省しよう
https://with.flowers 

コロナ禍でなかなか帰省できない中、実家にお花を贈るって素敵だね!
花は心を明るくしてくれるよ♪

みどりちゃん
みどりちゃん

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ガイドのみどりちゃん

最近の投稿

ページ上部へ戻る